北海道にはキャンプ用品をレンタルできるお店がある

北海道はキャンプ場がたくさんありますね。涼しい北海道という場所的にもキャンプに適していますから。

 

人気のキャンプ場として小樽の「AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールド」、十勝の「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」「さらべつカントリーパーク」、苫小牧の「オートリゾート 苫小牧アルテン」、ニセコの「真狩 焚き火キャンプ場」「グランピングボンゴ」、富良野の「ニニウキャンプ場」などがあります。

 

野外フェスの時にキャンプするのもありですよね。だとやはりキャンプ用品のレンタルが大事になってきます。

 

北海道だとキャンプ用品のレンタルができるお店もいくつかあります。

 

北海道

 

CAMP DAYS

まず、当サイトでおすすめしているCAMP DAYSは北海道にお店を構えています。

 

CAMP DAYSは最新のキャンプ用品が取り揃えられているので、キャンプもまずは形から入りたいという人にもおすすめですね。

 

レンタル方法として店舗に行くのではなく、宅配でのレンタルとなります。

 

で、返却する際は返送用着払い伝票を使って、佐川急便で返送の手配を行うようになります。

 

キャンプデイズ北海道の運営者は、10代のころからバイクで日本全国をテント泊で回り、今もなおそのスタイルのままらしいです。

 

春は桜、秋は紅葉をバイクとキャンプで追いかけ、冬はニセコでパウダースノーを散らし、近頃は冬山テント泊にも挑戦しているみたいですよ。

 

キャンプのプロって感じですね!

 

住所:北海道磯谷郡蘭越町蘭越町433-14
電話番号:0136-55-6222
公式サイト:https://hokkaido.campdays.jp/

 

そらのした

CAMP DAYSと同じく当サイトでおすすめしている、「そらのした」も北海道にお店を構えています。

 

千歳市にある北海道観光ステーションで、商品の受け取りや返却が可能です。

 

その分、送料がかからないので、レンタル料金が結構抑えられているのが特徴です。

 

千歳空港近くなので、飛行機で北海道にキャンプに来た方も、レンタカーを借りてそのままそらのしたの北海道観光ステーションでキャンプ用品を借りて出発することができます。

 

使ったらそのままで返却してOKなので、煩わしい手入れなどもしなくていいのがありがたいですね。

 

住所:北海道千歳市流通3丁目-4-1
電話番号:0123-24-8818
公式サイト:https://chitose.soranoshita.net/

 

アウトドアメイト

アウトドアメイトはアウトドア商品の販売とレンタルをしているお店です。

 

テントをメインとしてレンタル商品が取り揃えられている感じです。

 

札幌市中央区に店舗を構えていて、宅配でもレンタルできますし、店頭引き取りでレンタルすることも可能です。

 

レンタルをする際には会員登録が必要となり、運転免許証の番号も必要となります。

 

住所:北海道札幌市中央区南2条西1丁目11-
電話番号:011-311-6030
公式サイト:https://outdoor-mate.shop-pro.jp/

 

レンタルキャンプグッズ北海道

本格的というほどではなく、割と簡易名キャンプ用品のレンタルを行ているのがレンタルキャンプグッズ北海道です。

 

レンタルできる商品数は結構少ないですが、料金は安く設定されています。

 

テントも2人用のコンパクトテントだけですが、1泊2日で1,300円とかなので、野外フェスで利用するのとかには安く抑えれていいかもしれません。

 

子供が遊べるようなグッズの詰め合わせのレンタルや、ラジコンのレンタルなんかもしていますよ。

 

住所:北海道苫小牧市美沢164?11 ロングターム駐車場内
電話番号:0144-58-3111
公式サイト:https://rental-camp-goods.shop/

 

1位そらのした 2位CampSmile

そらのした

キャンプのセット商品が豊富!

CampSmile

最新のキャンプ用品がレンタルできる!

 

北海道でおすすめのキャンプ場5選

AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールド

AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールドは広大な自然を様々な形で楽しむことができるプレイパークです。

 

北海道の広大な自然を満喫することができるでしょう。

 

ニセコと小樽の間に位置していて、ニセコエリアからは車で30分、小樽エリアからは1時間、札幌からは1.5時間という位置にあります。

 

どこから行くにしても遠すぎずちょうどいい感じですね。

 

≫AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールドの詳細

 

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドはキャンプ用品のスノーピークが運営するキャンプ場です。

 

帯広の市街地から南西に35キロほど行ったところで、日高山脈や十勝幌尻岳の山麓にあります。

 

オートキャンプ場や自然加工の体験施設、パークゴルフ場などがあるのでいろいろと楽しめますし、自然観も満載です。

 

≫スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドの詳細

 

オートリゾート 苫小牧アルテン

オートリゾート 苫小牧アルテンは北海道苫小牧市の西側の錦大沼公園の一角にあります。

 

この公園には2つの天然湖沼や自然林、小河川といった自然環境となっています。

 

この自然の中でキャンプは楽しいでしょうね。

 

ゆのみの湯という源泉かけ流しの露天風呂もあって、キャンプの後にお風呂でゆっくり汗を流すことができますよ。

 

休憩室やレストランもありますからね。

 

≫オートリゾート 苫小牧アルテンの詳細

 

真狩 焚き火キャンプ場

真狩 焚き火キャンプ場は蝦夷富士のふもとに2018年にオープンした、薪と星空が楽しめるキャンプ場です。

 

テントやタープ、テーブル、いす、寝袋、ランタンが全部セットになっているので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。

 

ベルテント、コンテナハウス、キャンピングトレーラーの3州類が用意されていて、どれも暖房と電源がついています。

 

カフェバーやバーベキューハウスまであるので、結構快適に過ごせるキャンプが遅れるでしょう。

 

≫真狩 焚き火キャンプ場の詳細

 

ニニウキャンプ場

ニニウキャンプ場は富良野にあります。

 

ニニウの期でスプーンづくり体験や、ピザづくり体験など、いろいろな体験もあるので子供から大人まで楽しめるでしょう。

 

テントや寝袋、七輪、焚火台などはレンタルすることができますし、マウンテンバイクなどもレンタルできるので、移動も自転車で軽々行くことができますよ。

 

≫ニニウキャンプ場の詳細